戻る

芍薬の管理ポイント

Peony - Flower of the Month - June 2017

芍薬は6月のお花にぴったりです。芍薬は多種多様な花色と形があり、間違いなく魅力的なお花です。「豊富」「愛」「幸福」と「健康」を表しています。タイミングと管理がすべてです!芍薬を長く楽しむに、次の管理ポイントをご提供いたします。

生花店の皆様へ

芍薬の収穫時期は種類によって違います。あまりに硬切りで収穫された芍薬は、なかなか開花しません。芍薬を購入するとき、ある程度固い蕾で、花色が見えるぐらい、ちょうど開花し始めた芍薬を選ぶことが重要です。店頭では、芍薬をクリザール プロフェッショナル2の希釈液に入れましょう。これによって日持ちが長くなり、廃棄率を下げることができます。フローラルフォームのアレンジメントの場合、クリザール プロフェッショナル3をお使いください。水のみと比べ、蕾の開花を促進し、切り花を綺麗に保持し、日持ちを長くさせます。

ご家庭での管理

清潔なハサミやナイフで茎元を2-3センチ切り戻して、生け水にフラワーフードを加えましょう。フラワーフードは芍薬の開花を促進し、花色を保ちます。葉が生け水に入らないように、水に浸かる部分の下葉は取り除きましょう。熟成した果物、風、直射日光の当たる場所の近くに置かないようにしましょう。花瓶の水位が1/3以下になったら、また新鮮な水とクリザール フラワーフードを追加しましょう。