戻る

ミモザを長持ちさせたいならコレがオススメ!

18 February 2019

3月8日はミモザの日です。男性が大切な女性に感謝の気持ちを込めて、ミモザのお花束を贈る日。小さくてかわいい黄色の花をたくさんつけ、おの色が我々に元気をいっぱいくれるミモザですが、萎れが早く、日持ちが非常に短い切り花です。そんなミモザの花持ちはどうしたら延ばせるのでしょうか

クリザール・ジャパンは、クリザール ミモザ小袋をご用意しております。ミモザの花を美しく長く咲かせる専用の切り花鮮度保持剤です。クリザール ミモザ小袋をお使いいただくことによって、お客様には長くお花を楽しんでいただけます。

以下は、ミモザを水道水、またはクリザール ミモザ小袋の希釈液に生け、日持ち試験開始2日後の比較写真です。

水道水では花が萎凋し、花色も薄くなってしまっていますが、ミモザ小袋では色鮮やかに美しく咲いていますね!

いかがでしたか?これでミモザの日の準備はよろしいですね!納期はまだまだ間に合います!ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

0 コメント コメントする

コメントを追加

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。