戻る

クリザールフェルスパック

クリザールフェルスパック

クリザールフェルスパックは、保水剤と包材がセットになった花束の保水パックです。切り花の輸送にお使いいただけます。吸水した水分を切り花が利用しやすいようリリースし、切り花に供給します。保水材は木質繊維を100%原料とした環境にやさしい素材です。

効果&メリット

  • パックの中に水を入れ、口を縛るだけの簡単作業です。
  • 従来品に比べ低コスト、さらに保水材は天然素材のため、エコロジーです。
  • 切り花の最適な状態で水分を供給します。
  • クリザールプロフェッショナル2希釈液を使用すると、切り花の鮮度がさらに向上します。

その他

  • 花束の大きさに合わせてお選びいただけます。
  • サイズ・種類:
    100 
    100mmx180mm
    155BRデラックス 155㎜×220㎜ (茶色)
    ビニタイ付
  • 内容量:1000個 (100個×10) / ケース
  • フェルスパック100フェルスパック155BRデラックスの詳細情報は製品シートをご覧ください。

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

どうしたらバクテリアの影響を受けせず花の日持ちを良くできますか?
バラ、ブバルディア、キク、ガーベラなどの花が導管閉塞を起こりやすく、早いうちから花を萎れさせることがよく知られています。 前処理段階 適切な時期に花を収穫しましょう。 導管の詰まりを取り除くため 茎元から 5 センチ以上の部分を切り落としましょう。 生産者が花を収穫後、すぐ クリザールバラ 、 クリザールCVBN 等の前処理剤で水揚げしましょう。 後処理段階 流通や店頭販売時に、切り花を クリザールプロフェッショナル2 で水揚げしましょう。 ご家庭での管理ポイント クリザールフラワーフード によって、切り花の水揚げをしっかり促進し、栄養補給しましょう。花弁の萎れを抑制しましょう。
茎の損傷とは何ですか?どのように回避できますか?
茎が花を支えて、水揚げをよくします。できるだけ長くお花を楽しめるために、茎がダメージを受けないようにすることが大切です。茎から樹皮やトゲを 切り落とさないようにし ましょう。 トゲ 取り 器などが 切り花を拷問にかける処理方法の上位 10 位内に入るとご存知でしたか。 茎を削ることによる影響 茎を削ることにより、植物の自然の防壁を破壊するため、大きな傷になってしまいます。 結果として、花は早くしおれ、日持ちは短くなり、生花店、小売店での廃棄率の増加、消費者の落胆につながります。 • 濁って、臭い生け水。 茎を削ることによりダメージが増加した結果、花瓶中の微生物の繁殖が促されます。 • 有毒成分...