戻る

クリザール小ギク

小ギク

クリザール小ギクは、キク類の開花調整用の前処理剤です。栄養成分により蕾切りでも開花調整ができ、出荷コントロールが可能になります。下葉の黄化も抑制するため、葉も長持ちします。

効果&メリット

  • キク類の開花を促進します。
  • キク類の品質を保持します。
  • 出荷が調整できます。
  • 葉の品質を保ちます

その他

  • 内容量:5ℓ
        20ℓ(受注生産)
  • 10倍~20倍液希釈でお使いください。
  • クリザール小ギクの詳細情報は製品シートをご覧ください。

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

どうしたら花蕾の開花不良を防げますか?
栄養は水揚げ、ホルモンの生産、自然な開花の原動力です。栄養がなければ、花は成長することができなく、普段よりも早く枯れてしまいます。栄養不足の表れは: 花蕾の開花不良: 開花の初期段階で花が詰まってしまいます ( アイリス、カスミソウ、 トルコギキョウなど ) ぼやけた色 : 花弁は植物の花弁に比べて色の純度になりません。 花芽の生育不良: 栄養不足の場合、花芽の生育不良が生じます。 この場合、前処理段階で、 クリザールプロフェッショナル2 をお勧めします 。
茎の損傷とは何ですか?どのように回避できますか?
茎が花を支えて、水揚げをよくします。できるだけ長くお花を楽しめるために、茎がダメージを受けないようにすることが大切です。茎から樹皮やトゲを 切り落とさないようにし ましょう。 トゲ 取り 器などが 切り花を拷問にかける処理方法の上位 10 位内に入るとご存知でしたか。 茎を削ることによる影響 茎を削ることにより、植物の自然の防壁を破壊するため、大きな傷になってしまいます。 結果として、花は早くしおれ、日持ちは短くなり、生花店、小売店での廃棄率の増加、消費者の落胆につながります。 • 濁って、臭い生け水。 茎を削ることによりダメージが増加した結果、花瓶中の微生物の繁殖が促されます。 • 有毒成分...