戻る

フローラルワイヤと麻糸が水質に影響するのでしょう?

花束はゴムバンドや他の結束用資材などで結花されています。一般的な方法ですが、結束用資材の中には切り花の日持ちに悪影響を与えるものがあります。ゴムバンドは化学反応を起こさないので問題ありません。ラフィアやひもなどの天然繊維は、生物学的に汚染された場合は、問題を引き起こします。さらに、水道水のみの場合、つまり、フラワーフードが加えていない場合、天然繊維は細菌にとってえさになります。

被覆されていない、また保護されていない金属は、酸性の生け水(pH 4〜5)では腐食性があり、花に有毒な金属の粒子を放出します。これは茎や葉、花にダメージを与える可能性があります。ガーベラはしばしばワイヤーで強されますが、このワイヤーが花瓶の中で錆びて日持ちを短くさせます。花瓶と生け水を清潔に保持することと、フラワーフードを適切な希釈倍率に希釈し加えることによって、ガーベラの茎をまっすぐに保つことができます。 

アレンジメント&デザインのヒントのコツ:
• 結束用資材を使う場合には、プラスチックで加工したワイヤーかアルミワイヤーを使用しましょう。
• 化学反応をしいない、非有機的な素材を用いましょう。
• ワイヤーの強が要らない、茎が丈夫なガーベラを仕入ましょう。
クリザールCVBNを使て、ガーベラの茎を丈夫に保ちましょう。

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。