検索

何をお探しでしょうか?

92 件

お供え花用花持ち剤は、ご家庭用のお供え花用鮮度保持剤です。水揚げを促進し、十分な栄養を与え、切り花を長持ちさせます。また生け水のニオイ、ヌメリを抑えます。

  • 新鮮な花を購入しましょう。
  • 販売店にてフラワーフード小袋を付けてもらえれば良いですが、そうではない場合はフラワーフードを販売していないかどうか聞いてみましょう。
  • しっかりと洗った清潔な花瓶にと水道水を使いましょう。金属製花器やとクリスタルの花瓶は避けてください
  • フラワーフードを加えましょう。ボトル、または、小袋の裏側に記載されている書いている通りに生け水に薄めてご使用ください
  • 茎元から少なくとも2センチ以上の部分を切り戻取り落としましょう。5-~10センチ切り戻すことががより好ましいです
  • 茎に損傷を受けダメージを与えないようにないため、茎を切る時には清潔で鋭利な刃物を使い、て斜めに切りましょう
  • 生け水に浸かる下葉は取りましょうるべきですが、トゲは取らないようにしましょう
  • 植物を長く楽しめますように、見た目が新鮮な鉢植え植物を購入しましょう。
  • 光のあたる場所に鉢植えを置きましょう。直射日光が好きな植物もありますが、多くの鉢植え植物は直射日光が当たらない場所が好きましいです。(鉢植え植物のラベルをご確認ください)
  • 乾燥を避け、熱源には近づけないでください。
  • 鉢植え植物が十分な水を得られるかどうか確認しましょう。可能であれば雨水をご利用ください。
  • 土壌は湿った状態に保ち、植物の底面に余分な水が残るのを防ぎましょう。
  • 萎れた花と葉を取り除きましょう。
  • 鉢植え植物を楽しんでください!

家庭にある身近な物は、収穫後の問題のいくつかの問題を解決することはできますが、切り花には最適ではありません。

葉やトゲなどの植物残渣や空気中のホコリや汚染元は生け水を汚す原因になります。植物残渣や有機物やカビは水を濁らせると同時に、バクテリアの餌の供給源となります。水揚げに必要である茎の維管束は、これらの汚染物によって詰まってしまう可能性があります。生け水の汚れは特に水面に顕著に表れ、生け水の水位が下がると、乾燥してカスとなった汚れが花瓶の内面に線状につき、目に見えるようになります。

生け水を植物残渣などのない状態にしておくことが重要です。クリザールフラワーフードに含まれる栄養分と有機酸は、切り花の自然な生長を促進しながら、生け水が茎の分解物で汚れるのを防ぎます。日持ちを最大限に伸ばせるように、フラワーフードは既定の倍率で薄めてご使用ください。使用方法は、商品パッケージ裏面に記載されています  

バラ、ブバルディア、キク、ガーベラなどの花が導管閉塞を起こりやすく、早いうちから花を萎れさせることがよく知られています。

前処理段階

市場の需要によって、花は様々な開花ステージで収穫されています。ミックスブーケの中のガーベラやキクは、カーネーションやチューリップなどとミックスブーケとして束ねられているとより花が咲いているように見えます。バラ、グラジオラス、トルコギキョウなど、蕾の段階で収穫される花は、十分に開花するのにより栄養を必要をしています。そのため、できるだけ同じ成熟段階の切り花を仕入れてミックスブーケやアレンジメントに入れ、適切な生花店・加工場処理剤ととフラワーフードを加えてください。

栄養は水揚げ、ホルモンの生産、自然な開花の原動力です。栄養がなければ、花は成長することができなく、普段よりも早く枯れてしまいます。栄養不足の表れは:

葉の黄化は植物ホルモンが不足していることを表します。このホルモンは花の葉緑素の生合成を制御しています。収穫前には、株が植物ホルモンを補給していました。収穫後は花に、植物ホルモンが自動的に補給されないため、植物ホルモンが不足します。

葉の黄化とは、葉緑素が減っているということです。葉緑素は、クロロフィルとも言います。 葉の黄化は、エチレンや太陽の光などの様々な要因があります。

葉が黄色に変色しやすい主な花:

  • アルストロメリア
  • エリンジウム
  • ユーフォリビア・フルゲンス
  • ヒマワリ
  • ユリ
  • ストック
  • ソリダスター
  • チューリップ

エチレンガスは切り花、鉢植えの老化、野菜と果物の熟成を調節します。

トマト、バナナ、リンゴなどの果物がエチレンを出します。このエチレンガスが植物に悪影響を与えて、花弁と葉の老化を促進してしまいます