戻る

キクの管理ポイント

Flower of the Month - Chrysanthemum

そろそろ秋を迎え、9月のお花、暖かくて、色とりどりのキクをご紹介いたします。様々な花色とバラエティーがある花類ですお客様により長くキクを楽しんでいただけるように、次の管理ポイントをご提供いたします。

原産地

キク類の原産地は、元々は中国と日本でしたが、長年にわたって人気が高まって、17世紀にヨーロッパにも登場しました。

Flower of the Month - Chrysanthemum 2

花色と形

キクの属名は、ギリシア語の「chrys」 (黄金の)と「anthemom」 (花)に由来します。本属の花色は黄金でしたが、現代では様々な花色があります。黄色、青銅色、オレンジ色から、緑色まで選ぶことができます。それだけでなく、淡い白色、ピンク色、紫色のキクが売られています。キクの花は、10の花形に分けることができます。それらは、完全に複合花弁になったピンポンマムから、筒状花が隠れた部分が糸状に広がった形態まで及びます。

生花店の皆様へ

キク類はどの花類と組み合わせることができますが、特にバラやアンスリウムと組み合わせたら、素晴らしいブーケになるでしょう。

  • 清潔な道具とバケツを使いましょう。
  • 店頭販売時に切り花をクリザール プロフェッショナル2の希釈液に入れてください。
  • お花を買いにきて下さるお客様には、お花と一緒にフラワーフードを渡しましょう。
  • キク類も、すべての切り花と同様に、熟成した果物、風、直射日光の当たる場所の近くに置かないようにしましょう。店頭販売時に覚えておきましょう。

ご家庭での管理

  • いつも清潔な花瓶を使ってください。
  • 清潔なハサミやナイフを使い、茎元を2-5センチ切り戻してください。
  • 生け水にフラワーフードを加えましょう。
  • 葉が生け水に入らないように、水に浸かる部分の下葉は取り除きましょう。
  • 熟成した果物、風、直射日光の当たる場所の近くに置かないようにしましょう。
  • 花瓶の水位が1/3以下になったら、また新鮮な水とクリザール フラワーフードを追加しましょう。