戻る

ガーベラの管理ポイント

Gerbera - Flower of the Month - April 2017

ガーベラ、4月のお花は、紹介するまでもありません。とても人気のある切り花です。白色、オレンジ、赤色、黄色、ピンクをはじめ、多くの花色で、形と大きさにもいろいろな種類があります。ガーベラの原産地は、アジア、アフリカ、南米の熱帯地域にあります。

生花店の皆様へ

ガーベラは弱い切り花なので、生花店における衛生管理がとても大事です。道具、バケツ、周りを清潔にしておきましょう。ガーベラの茎は汚染に対して弱いです。水揚げもあまりよくないし、茎も汚れやすいです。クリザール CVBNという切り花コンデショナーは、バクテリアの増殖を防ぎ、生け水を清潔に保ち、ガーベラの日持ちを長くします。

クリザール CVBNで前処理されたガーベラの茎は丈夫で、フローラルワイヤーも要りません。 特にミックスブーケの場合、フローラルワイヤーは錆びる恐れがあります。これはもちろん日持ちに悪影響を与えます。ガーベラの品類の中に花瓶の中で伸長し続ける品類もあります。ミックスブーケに組み合わせるときにそれを覚えておくと良いでしょう。

ご家庭での管理

  • ガーベラはバクテリアに対して弱いので、清潔な花瓶を使うことが重要です。ガラス花器をおすすめします。
  • 茎元から2‐5センチ以上の部分を清潔なハサミやナイフで切り落としてください。
  • ガーベラはあまり水をやらなくもていい切り花です。生け水にクリザール フラワーフードを加えましょう。
  • 熟成した果物、風、直射日光の当たる場所の近くに置かないようにしましょう。
  • さぁ!カラフルなガーベラを楽しんでください!