戻る

ユリの管理ポイント

7月と言えば、ユリが一段と映える季節ですね!どんなインテリアにも合う万能な切り花です。様々なユリがあり、花粉がないユリも、まるでバラのような形状の花弁があるユリもあることをご存知でしたか。これらはウェディングブーケにぴったりです。

生花店の皆様へ

お客様により長くユリを楽しんで頂ける様に、いくつか管理ポイントがございます。まず、清潔なハサミやナイフを使い、バケツや花瓶を使う前にしっかりクリザール クリーナーで洗浄しましょう。店頭販売時に切り花をクリザール プロフェッショナル2の希釈液に入れてください。クリザール プロフェッショナル2は、必要な栄養を与え、切り花を最適な状態に保ちます。
お花を買いにきて下さるお客様には、お花と一緒に切り花栄養剤を渡しましょう。普通のフラワーフードでも効果がありますが、ユリ・アルストロメリア用小袋ではさらに高い効果が期待できます。ユリ・アルストロメリア用小袋は、ユリの葉の黄化を抑えるとともに、栄養分によって、花を美しく、大きく咲かせます。

ご家庭での管理
清潔なハサミやナイフで茎元を2-5センチ切り戻して、生け水にフラワーフードを加えましょう。フラワーフードはユリの開花を促進します。葉が生け水に入らないように、水に浸かる部分の下葉は取り除きましょう。熟成した果物、風、直射日光の当たる場所の近くに置かないようにしましょう。花瓶の水位が1/3以下になったら、また新鮮な水とクリザール フラワーフードを追加しましょう。


ユリの花粉について
残念ながら、ユリは花粉の汚れがつきやすいです。気が付かないうちに、衣服や家具に花粉の汚れがついてしまいます。簡単な落とし方を、こちらにご覧ください。

おすすめ製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ