戻る

バラに起こるベントネックは何ですか?そうならない為にできることは何ですか?

Bent-neck in rosesバラのベントネックは、多くの場合、早期の収穫によって生じます。蕾の下にある茎は成長している蕾また花を支える力がありません。このように茎が曲がったら、導管が詰まり、水の供給が途絶えます。一方、葉は元気なままです。早熟収穫により、細胞は水不足で傷つきやすくなります。

研究によると、成熟期に収穫した花は早熟収穫した花と比べて萎れが遅くなります。蒸発による水分の喪失により、花の水分補給が不足すると、特に導管閉塞が起こっている場合、茎が一番柔らかい、弱いところで曲がってしまいます。よく言われている別の理由は、成長するとき、バラが石灰分を不足していることです。

ベントネックに対する感受性の程度は品種によって違います。冬場人工的に温室内の日照時間を伸ばすことによって、気孔が閉じなくなります。この場合、特に温度が高い生花店や消費者のご家庭で蒸散が急速に続きます。

一度バラが早熟収穫されたら、これを元に戻すことができません。残念ながら、ベントネックが発生したバラは、捨てるしかありません。

どうやってベントネックを避けますか? 

前処理段階

  • 適切な時期にバラを採花しましょう。
  • 閉塞を除去するため茎元から5センチ以上の部分を切り落としましょう。
  • 生産者が花を収穫してからすぐ、クリザールバラ等の前処理剤で水揚げしましょう。

後処理段階

ご家庭での管理ポイント