戻る

葉焼けの原因は何ですか?そうならない為にできることは何ですか?

葉焼けは細胞の組織が壊れることにより生する複雑な現象です。細胞壁を破裂させる主な原因は、細胞内の浸透圧が過度に高まり、細胞内に過剰に水分が流入することです。葉が最終的に灰色から茶色に変色して、触ったらカリカリとします。花瓶の他の花と枝からの異物も日焼けの原因の一つになります。

葉焼けを避けるために次の状況に気をつけましょう:

  • 長時間の同化照明(延長日照時間、温室内の人工照明)。例えば、日照時間の短い冬や物日に向けて花を供給する場合。花が気孔を閉める能力を失ってしまいます。花の水分の蒸散が続き、フラワーフードを入れたら、花が花瓶の水を吸い上げすぎます。しかし、フラワーフードがないと、多くの場合、花は十分な水が得られません。
  • 生長の最終段階で照明の不足による弱い細胞の組織は花をフラワーフードによる影響を受けやすくなります。
  • フラワーフードが推薦使用量より平均150%以上を過剰摂取する場合。
  • 花瓶の水の中の有毒な 金属イオン(亜鉛、塩素、フッ化物、鉄など)
  • 花瓶の洗浄剤 (塩素、洗浄液、また適切な用量で滅菌錠剤を洗浄すること) 
  • ヘドロまた他の分泌物。ミックスブーケの場合、バケツや花瓶の中にある他の花と枝から発生します。

クリザールプロフェッショナル2等の抗菌が含む製品をおすすめします。