戻る

茎の損傷とは何ですか?どのように回避できますか?

茎が花を支えて、水揚げをよくします。できるだけ長くお花を楽しめるために、茎がダメージを受けないようにすることが大切です。茎から樹皮やトゲを切り落とさないようにしましょう。トゲ取り器などが切り花を拷問にかける処理方法の上位10位内に入るとご存知でしたか。

茎を削ることによる影響
茎を削ることにより、植物の自然の防壁を破壊するため、大きな傷になってしまいます。 結果として、花は早くしおれ、日持ちは短くなり、生花店、小売店での廃棄率の増加、消費者の落胆につながります。

• 濁って、臭い生け水。 茎を削ることによりダメージが増加した結果、花瓶中の微生物の繁殖が促されます。
• 有毒成分。 切り花の茎の傷口から有害成分が漏れ、他の切り花に悪影響をもたらす恐れがあります。特にミックスブーケの場合にはそうです。
• 内液が漏れ出た細胞(損傷した細胞)。 茎の加速に劣化以外に、細胞の漏れる水蒸気によって微生物に直接的な影響を与えます。この状況では砂糖は微生物にとって優わた栄養分となり、生け水を汚染します。

平坦化/ハンマーでたたくことによる影響
従来は、茎を平坦化したら水揚げを促進できると思われていたそうです。非常に短時間と確かにそうですが、ハンマーでたたくことによって非常に茎を被害し、細胞内の水分が多く漏れます。これは微生物にとってまるでごちそうを与えるようなものであり、急速に大量に増殖してしまいます。

焼き揚げによる影響
茎を焼いたら、本当に茎元を殺してしまいます! この方法は気泡を除去し、また、茎元が生け水と触れる表面積を広げるためで、水揚げを良くする目的として使われています。 最初は水揚げを促進する傾向がありますが、数日経てば枯れた茎が腐り、花瓶に有機物を放出し、切り花の開花を妨げます。

何ができますか?

予防は治療に勝る’。生産者と生花店向けの前処理剤と後処理剤が導管の詰まりを予防し、水揚げを促進します。この処理では茎の組織に損傷を及ぼさず、生け水の汚れによる開花の妨げがありません。

  • 出来る限り、切り花の樹皮やトゲを除去する器具を使わないようにしましょう: 
    • 茎取り器:花業界、生花店でよく使われています。特に機械の古いと固いブラシが茎に対して拷問となる道具です。従って、いつも柔らかいブラシを使って、定期的に交換しましょう。 
    • ナイフ: ナイフで茎を削ることに有益な目的はありません。品質と寿命のロスだけになります。
    • トゲ取り器: 生花店で使われている茎からとげを取る道具です。この方法は不必要に茎を被害し、切り花の寿命に悪影響を与えます。できる限り、とげを取らないようにしましょう。