戻る

ポインセチアの管理ポイント

Kerst Poinsettia

クリスマスといえば、プレゼント、クリスマスツリー、ケーキ、そして、ポインセチアのような素敵な植物の季節でもあります。ポインセチアはクリスマスシーズンに最もよく売れる植物です。近年では、様々な色や形、サイズがあります。しかし、ポインセチアは非常に敏感な植物なので、長くポインセチアを楽しんでいただくために、管理方法をお伝えします。

  • ポインセチアは水のあげ過ぎにも、水不足にも非常に敏感です。例えば、根が水に沈んでいると酸素不足が起こりポインセチアは死んでしまいます。一方、水不足では、植物が脱水し観賞期間が著しく低下してしまいます。過剰な潅水および潅水不足を防ぐには給水システムが解決策になります。吸水システムとしては、クリザールアクアパッド、クリザールアクアスティック等があります。これらは、植物の自然給水を調整し一方で水やりの回数を減らすことが可能になります。
  • ポインセチアは亜熱帯植物で18度~22度ぐらいの温度が好ましいです。寒い場所では、日持ちが短くなります。
  • ポインセチアは風の流れに非常に敏感です。風にさらされた数時間後に、花と葉が落ちてしまいます。店頭ではポインセチアを風から守るために包装資材がよく使われています。包装資材で包まれたポインセチアを購入した場合は、家に帰ってすぐに包装資材を取りましょう。これにより葉の黄化と落下が予防できます。また、ご家庭でも風が当たる場所には置かないようにしましょう。
  • 最後に、ポインセチアはエチレン感受性が高い植物です。エチレンガスはポインセチアの老化を早めてしまいます。エチレンの悪影響を防ぐため、ポインセチアをたばこの煙、や石油ストーブ、野菜や果物など外生エチレン発生源の近くに置かないように気を付けましょう。

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。