戻る

フラワーフードの希釈濃度が濃い場合、薄い場合、どのような影響がありますか?

Under- and overdosing flower food

フラワーフードは、切り花にとってバランスの取れた食事のようなものです。一般切り花用フラワーフードのは、すべての切り花のための一般的な食事で、専用フラワーフードは、特定の花の種類のニーズに合わせて微調整されている食事といえます。切り花の研究では、同じ花の種類の中にも差異があるということが示されています。しかし、専用フラワーフードは、常に入手できるわけではありません。最終的な目標は、切り花があたかも親株から生えているかのように、水とフラワーフードを供給するところにあります。希釈濃度が高い、もしくは薄い場合は、最適な希釈濃度の時より劣る日持ちになるでしょう。適正希釈から外れるほど、結果はがっかりするものに、ネガティブな結果になるでしょう。希釈濃度が濃い場合、薄い場合、最適な日持ちを得ることができません。逆に切り花の日持ちが短くなります。特に濃度が薄い場合は、最適な効果が得られません。希釈濃度が適正濃度の80%未満の場合、次の問題が発生します

  • 茎の変色
  • 花、葉、形状、色、匂いの発達が遅延する・花弁が弱々しくなるに悪影響
  • 葉が弱々しくなり、葉の変色

適正濃度より150%以上濃く希釈されている場合は、茎の変色と葉やけの黄化につながる場合がございます。ボトルや小袋の裏側に記載されている通り、適切な希釈でフラワーフードを希釈しましょう。

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。