検索

何をお探しでしょうか?

104 件

葉の黄化は植物ホルモンが不足していることを表します。このホルモンは花の葉緑素の生合成を制御しています。収穫前には、株が植物ホルモンを補給していました。収穫後は花に、植物ホルモンが自動的に補給されないため、植物ホルモンが不足します。

葉の黄化とは、葉緑素が減っているということです。葉緑素は、クロロフィルとも言います。 葉の黄化は、エチレンや太陽の光などの様々な要因があります。

葉が黄色に変色しやすい主な花:

  • アルストロメリア
  • エリンジウム
  • ユーフォリビア・フルゲンス
  • ヒマワリ
  • ユリ
  • ストック
  • ソリダスター
  • チューリップ

エチレンガスは切り花と鉢物の老化、野菜と果物の熟成を調節します。

トマト、バナナ、リンゴなどの果物がエチレンを出します。このエチレンガスは鉢物に悪影響を与えて、花弁と葉の老化を促進してしまいます

生け水の汚染は、生け水の中での茎と葉の分解に起因します。茎がダメージを受けて分解し始めたら、周囲の細菌(茎、バケツ/花瓶、空気、葉)が増殖し、それがさらなる茎の分解や生け水の濁りにつながります。生け水をきれいにかつ清潔に保つ主な理由は、バケツ/花瓶や生け水を清潔に保つためです。茎を切ったり、水に浸かる部分の下葉を取り除いたりすることによって、自然なバランス保ち、切り花を最適な状態に保つことができます

生け水を綺麗に保つためのアドバイス:

クリザールフラワーフードは様々なサイズ、粉末タイプや液体タイプ、一般の鮮度保持剤切り花用フラワーフードや花の品目を限定した専用のフラワーフード鮮度保持剤があります。クリザールフラワーフードは蕾と花の完全な発達に必要な成分を成長を促進する栄養を切り花に与え、切り花の日持ちを延長します。フラワーフードは、水に容易に溶解でき、無色でにおいもありません

一般切り花用クリザールフラワーフードと専用フラワーフード

一般切り花用フラワーフード以外に枝物ユリ、アルストロメリア球根系切り花の専用フラワーフードがございます。

アクアスティックは、外鉢ポットから鉢物に水を給水する革新的なシステムです。鉢物の生き生きとした状態を長く保ちます。外鉢のポットのサイズと鉢物の吸水状態により、1~3週間にわたり、連続して給水できます。鉢物が必要とする分量を自動的に給水します。

クリザールBVBは、アイリス、アネモネ、ネリネなどに効果がある球根切り花用の前処理剤です。葉の黄化を抑制し、蕾の開花を良くすることで、球根切り花の日持ちが長くなります。

クリザールBVBエクストラは、チューリップの前処理剤です。葉の黄化を抑制し、首の伸びと曲りを抑制するため、チューリップの日持ちが長くなります。チューリップの茎が伸びず日持ちが長くなるため、店頭での販売ロスを削減できます。BVBエクストラで処理されたチューリップは、高品質のアレンジに最適です。 

クリザールCVBNは、生産者、流通階段向けの切り花コンデショナーです。バクテリアの増殖を防ぎ、生け水を清潔に保ちます。錠剤タイプの鮮度保持剤ですので、計量の手間が要らず便利です。