戻る

切り花を冷水、また温水に入れるべきでしょうか?

Bloemenbureau Holland

花を最適に育つために、水が必要です。水の温度と種類に関して、様々な作通念がありますが、その通念が正解か不正解か見てみましょう。

  • 水道水: 水道水の水温はおよそ10-25℃ぐらいです。水道水はいつでも利用できますし、花瓶に注ぐのも簡単です。クリザールのフラワーフードを水道水で希釈した生け水は、切り花に最適です、茎の中の気泡を消すと同時に、切り花の栄養に与えます。。
    正解 - 最適かつ簡単な方法です!
  • 氷水: 乾式保管した切り花の茎元は乾燥し茎の中に気泡が発生するかもしれません。この気泡が道管に詰まり、花まで水が上がりにくくなります。氷水が気泡を溶解して、切り花の水揚げもっと良くさせます
    正解 - 氷水を使っていいです!
  • ぬるま湯: 切り花栄養剤(粉末タイプ)を溶かすため、花瓶にぬるま湯を入れたほうがいいと言われています。ぬるま湯ではないと、花瓶の底に切り花栄養剤が残ります
    不正解 - フラワーフードを使用する時は、ぬるま湯ではなくても大丈夫です。
  • 温水: 沸騰した水を冷やすと、ステムの中で詰まりを生じさせて、酸素と気泡が減少すると言われています。道管の閉塞を溶解するために、茎元を熱湯に入れます。結果として茎の細胞の組織が完全に破壊されます。数日後、茎が分解されていきますになってしまいます。これは切り花の品質と寿命に悪い影響を与えています
    正解 - 確かに、水が花まで上がりやすくなりますが、残念ながら切り花の寿命を短くさせます!

クリザールのアドバイス

  • いつも綺麗な花瓶を使いましょう。
  • 45度の角で花の茎元を切ってください:茎元をまっすぐ切ると茎元が平らすぎて、さらに損傷を起きてします。研究によると、茎の50%以上が切られている場合、切り花の日持ちに悪影響があるそうです。水揚げが悪くなり、花弁と葉がしおれ、切り花が成長できなくなります。
  • 茎元から25センチ以上の部分を切り落としましょう。花が30分以上水にやらなかった状態でこれは効果があります。もしそうでなければ、茎元から510センチ以上の部分を切り落としたら良いでしょう。このようにして存在し得る汚染を完全に除去できます。
  • よく冷えた新鮮な水道水を使いましょう。
  • クリザールフラワーフード1袋をパッケージの裏側に書いている通り水に溶かしてください。

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。