戻る

どうしたら葉の黄化が抑制できますか?

葉の黄化は植物ホルモンが不足していることを表します。このホルモンは花の葉緑素の生合成を制御しています。収穫前には、株が植物ホルモンを補給していました。収穫後は花に、植物ホルモンが自動的に補給されないため、植物ホルモンが不足します。

葉の黄化とは、葉緑素が減っているということです。葉緑素は、クロロフィルとも言います。 葉の黄化は、エチレンや太陽の光などの様々な要因があります。

葉が黄色に変色しやすい主な花:

  • アルストロメリア
  • エリンジウム
  • ユーフォリビア・フルゲンス
  • ヒマワリ
  • ユリ
  • ストック
  • ソリダスター
  • チューリップ

何ができますか?
生産者、販売店、生花店が、花の鮮度保持剤の使用によって葉の黄色の変色を防ぎ、栄養対策することができます。流通ステージでホルモンを含む鮮度保持剤を使用することにより、栄養不足が解消できます。お花屋さんはアルストロメリア、チューリップ、ユリなどのブーケと一緒にフラワーフードを渡せたら良いでしょう。

前処理段階
葉の黄化を防ぐために、生産者が葉を緑色に保つ前処理剤を使用することが必要です。クリザール BVBは花弁と葉の日持ちを長くします。特にアルストロメリア、チューリップ、ユリに効果があります。クリザール SVBという錠剤タイプの製品もあります。 

ご家庭での管理
ご家庭の花瓶にあるときも、切り花の葉の黄化が起こることがあります。球根切花の葉の黄化はクリザールブ ルボサス小袋によって防げます。アルストロメリアとユリの場合はクリザール ユリ・アルストロメリア小袋になります。葉の緑色を保つ成分を入っています。