戻る

クリザールSVB

SVB

クリザールSVBは、切り花の葉の黄化を抑制する前処理剤です。切り花の品質を保持し、日持ちを長くします。錠剤タイプですので計量の手間が要らず便利です。

効果&メリット

  • 葉の緑色を保ち、黄化を抑制します。
  • 花り花の品質を保持し、日持ちを良くします。
  • 特にユリ、ユーフォルビアフルゲンス、エリンジウム、アルストロメリアに効果があります。

その他

  • 標準使用量は3Lの生け水に1錠、標準処理時間は4~72時間です。
  • 内容量:250錠

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

どうしたら葉の黄化が抑制できますか?
葉の黄化 は植物ホルモンが不足していることを表します。このホルモンは花の葉緑素の生合成を制御しています。収穫前には、株が植物ホルモンを補給していました。収穫後は花に、植物ホルモンが自動的に 補給されないため、植物ホルモンが不足します。 葉の黄化とは、葉緑素が減っているということです。葉緑素は、クロロフィルとも言います。 葉の黄化は、エチレンや太陽の光などの様々な要因があります。 葉が黄色に変色しやすい主な花: アルストロメリア エリンジウム ユーフォリビア・フルゲンス ヒマワリ ユリ ストック ソリダスター チューリップ 何ができますか? 生産者、販売店、生花店が...
どうして茎が変色しますか?そうならない為にできることは何ですか?
茎の変色には様々な原因が関与します。ガラス花瓶だと、茎の変色が少なくても切り花は魅力的ではなく、古く見られてしまいます。茎の変色には様々な原因があります: pH値が低い: 生け水の最適なpHレベルはpH 3.5 ~ 5.5です。軟水の場合、花瓶やバケツだと、 pH値は 4.0を下回ってもいいです。 柔らかい茎の場合、これは変色を引き起こしますが、この変色は細胞の組織に損傷を与えず、花の寿命にも悪影響は出ません。 ガーベラの茎と漂白剤: ガーベラの場合、花瓶やバケツの水に漂白剤がよく入れられています。 漂白剤は花の組織にとって有害で、過剰摂取によって切り口が変色するので、適切な希釈をしましょう...