戻る

花の日持ちには何が影響するのでしょうか?

Mixed bouquet - long vase life

花の生長と観賞期間は、環境やその他の要因と密接な関係にあり、品目や品種によって異なります。適切な管理がされないと、ご家庭での切り花の日持ちが短くなります

  • 栽培環境: 生育中の光・温度・相対湿度・施肥が収穫後、切り花の品質に大きく影響を与えます
  • 収穫後の状況: 特に温度と湿度が切り花に影響し、良い状態で切り花を消費者に届られるかどうを決定します。高温は花の発達を促進します。湿度は蒸散による水分不足に直接に関与します。湿度と温度の極端な変動は、灰色カビ病の成長を促進させます。それぞれの切り花の品目に合う処理剤を使うことは、切り花が流通チェーンを無事に通り抜けられるかどうかのカギとなります
  • 衛生: 衛生状態が悪いと、微生物の増殖が促進され、花瓶の生け水に濁りや汚れが発生し、最終的に嫌なにおいが発生します
  • 輸送 / 配達時間: 今や切り花は、陸送、海上輸送、航空便で、世界中から長距離輸送されています。環境の管理、適切な収穫後の処理と梱包、そして輸送のスピードが切り花の品質保持に重要です

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。