戻る

どうして茎が変色しますか?そうならない為にできることは何ですか?

茎の変色には様々な原因が関与します。ガラス花瓶だと、茎の変色が少なくても切り花は魅力的ではなく、古く見られてしまいます。茎の変色には様々な原因があります:

  • pH値が低い: 生け水の最適なpHレベルはpH 3.5 ~ 5.5です。軟水の場合、花瓶やバケツだと、pH値は4.0を下回ってもいいです。 柔らかい茎の場合、これは変色を引き起こしますが、この変色は細胞の組織に損傷を与えず、花の寿命にも悪影響は出ません。
  • ガーベラの茎と漂白剤: ガーベラの場合、花瓶やバケツの水に漂白剤がよく入れられています。 漂白剤は花の組織にとって有害で、過剰摂取によって切り口が変色するので、適切な希釈をしましょう。漂白剤による茎の変色と劣化が花の寿命に悪影響を与えます。
  • 界面活性剤:  水揚げを促進するため、よく界面活性剤が使われています。界面活性剤はダリアなどの茎のろう層を溶解かします。変色にかかわらず、花の寿命に悪影響を与えません。
  • 微生物: 特に、傷ついた花や枝など、多くの切り花が入れた花瓶やバケツの中で、微生物が激しく増加して、茎の変色が起こり、日持ちに悪影響を与えます。

何ができますか?

  • 花瓶やバケツを使用前後に、しっかり洗いましょう。
  • より良い衛生状態を保つことで、バクテリアの増殖を予防しましょう。
  • 茎元から5-10センチ以上の部分を切り戻しましょう。