戻る

バラのトゲは取り除いたほうがいいのでしょうか?

Avalanche rose

茎に傷がつくと生け水の汚染と茎表面の劣化につながり、ベントネックを引き起こします。そのため、花瓶に生けた状態ではトゲを取っていないバラのほうが、トゲを取ったバラより長持ちします。生け水にクリザールフラワーフードクリザールフラワーフードエリートを加えると、この差がなくなり同様に長持ちしますが、トゲを取ったバラの生け水は、濁りが生じます。トゲを取る理由としては、アレンジメントを作るのを簡単にするということと、手袋を使用しない時に手を守るためということが挙げられます。

もしトゲをとる必要があれば、茎の組織をできるだけ傷つけないように気を付けてトゲを取りましょう。ご家庭では、手でトゲを横に倒し折って取り除くのが良いでしょう。ナイフやトゲ取り器は、切り花を傷つけてしまい切り花の日持ちを短くしてしまいます。

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。