戻る

クリザールブバル

ブバル

クリザールブバルは、アジサイ、キンギョソウ、ブバルディアなどに効果がある前処理剤です。エチレンの作用による花弁の落下を抑制し、花弁の鮮やかな色調を保ちます。また、水揚げを促進し、萎凋を防止します。

効果&メリット

  • 花弁の落下を抑制します。
  • 葉の萎凋を抑制します。
  • 水揚げを促進します。

その他

  • 200倍希釈液で標準処理時間は10時間です。
  • 内容量:5ℓ

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

ボトリチス病とは何ですか?そうならない為にできることは何ですか?
ボトリチス病(または灰色カビ病)は、バラ、キク、ガーベラ、カスミソウ、トルコキキヨウなどの品質を低下する菌です。花の原産地、季節、出荷と貯蔵の衛生状態が、ボトリチス病の発生と生育に多大な影響を与えます。植物体の生死にも関わらず、菌が繁殖します。小さな胞子が無数に空気中に飛散して感染が始まります。感染初期は花弁の小さな白色の染みが表れ、それはすぐ株まで広がります。徐々に褐色になって、最終的には落弁してしまいます。胞子が活動するには空気中の湿度が必要です。ボトリチス 菌がつぼみや花に集まり、花が梱包されることで、容易に胞子が成長します。 ボトリチス病は回復できないでしょうか?...
どうやってエチレンによる落弁を防げますか?
花弁が縮んで、蕾と葉が落下して、切り花と鉢物の高質保持期間を短くさせます。これは切り花が過剰に 生産 する「エチレン」という老化ホルモンの影響です。エチレン感受性のある切り花はカーネーション、スイートピー、デルフィニウムなど、エチレン感受性のある鉢物はコチョウランとカンパニュラなどです。 鉢物や樹木が乾燥しないように、蕾、花弁、葉は落下します。これはエチレン老化ホルモンの過剰生産の結果です。エチレンガスは切り花、鉢物の老化、野菜と果物の熟成を調節します。従って、エチレンは果物の熟成を促進や、鉢物の開花の目的で、意図的に使用されています。 エチレンの種類 : 内生エチレン 収穫に対する反応として...