戻る

消費者はお花を8日間より長く日持ちしてほしい

15 January 2019

誰でもお花が好きですが、お花を長持ちさせるのはチャレンジです。お花は誕生日、バレンタイン、母の日、感謝や謝罪の気持ちを表現する時など、多くの場面で重要な役割を果たします。また、自宅で気持ちよく過ごすために自分でお花を楽しむこともあるでしょう。こういう瞬間をさらに長く楽しむことができるんとしたら、どうでしょう?クリザールがQ&Aを通じて実施した大規模な消費者調査によると、消費者は少なくても8日間の日持ちを期待していることが明白になりました。この期待に応えるのは、切り花栄養剤の使用が重要です。

 

調査によると、消費者は切り花栄養剤を使用するメリット十分に認識していないようです。そのメリットを共有することで、切り花栄養剤の使用を大幅に増やすことができるでしょう。クリザールフラワーフードは切り花の水揚げを促進し、十分な栄養を与え、切り花を美しく咲かせ、日持ちを長くします。水のみと比べると、切り花の日持ちが大幅に長くなります。また、花束に添付することで、ご家庭での観賞期間が長くなり、お客様の満足度が上がります。満足しているお客様がまたお花を買いに来ます。

調査について

クリザールがQ&Aを通じてヨーロッパで実施した大規模な消費者調査(8千人回答者)によると、91%の消費者が切り花を買う時に一番重要視するのが、切り花が新鮮で日持ちがするかどうかであると示されました。さらに、消費者は切り花が少なくても8日間日持ちしてくれることを期待していますこの期待に応えるには、切り花栄養剤の使用が重要です。しかし、この調査によると、添付された切り花栄養剤を使用する消費者(ヨーロッパ平均)はわずか54%でした。つまり、多くの消費者はまだ切り花栄養剤のメリットに気づいていないと言えるでしょう。切り花栄養剤は切り花を美しく長く保つメリットがあると説明されれば、消費者の85%がもっと頻繫に切り花栄養剤を使い始めるでしょう。これはより良い消費経験に繋がり、満足度が高いローヤルカスタマー創成に繋がるでしょう。

この調査や切り花の日持ちについて詳しく知りたい方、その他気になることがございましたら、お問い合わせください

0 コメント コメントする

コメントを追加

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。