戻る

植物は風を避けて置くほうがいいのですか?

Plants in shop

花が産地からご家庭まで旅をする間に、風が問題になる場合があります。花が風にあたると、花が吸収する分以上の水分を蒸発して花が萎れてしまいます。葉の下側にある気孔は水分と熱を排出するだけではなく、周囲の空気と二酸化炭素と窒素の交換をしています。空気の流れが少なければ、葉の周りに形成されている空気の層が過度の蒸発和らげます。しかし、風によって空気の流れが激しくなると、葉からの蒸散を和らげていた空気の層が消失し、花が吸収できる以上の水分を蒸発して萎れてしまいます。

おすすめ:

  • ドアと窓はできるだけ閉めておきましょう。
  • 輸送中のダメージや葉からの蒸発を防ぐため、切り花を適切に梱包しましょう。
  • 開け放したドアや窓、扇風機、ヒーター、エアコンの近くなど直接風が当たる場所には切り花を置かないようにしましょう。

 

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。