戻る

クリザールユーストマ

ユーストマ

クリザールユーストマは、トルコギキョウの前処理剤です。トルコギキョウはエチレンの感受性が比較的高い花で、エチレンによって花の萎れが引き起こされます。そのため、エチレンの作用を阻害するSTS剤で前処理すると、花の萎れが抑制され、切り花の日持ちが長くなります。また、栄養を補給することにより、蕾の開花が促進され、花色が鮮やかになります。

効果&メリット

  • 花の萎れが抑制され切り花の日持ちが長くなります。
  • 蕾の開花を促進します。
  • 栄養分により花弁の発色が鮮やかになります。

その他

  • 50倍希釈で10時間処理が標準です。
  • 内容量:5ℓ・20ℓ
  • クリザールユーストマの詳細情報は製品シートをご覧ください。

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

どうやってエチレンによる落弁を防げますか?
花弁が縮んで、蕾と葉が落下して、切り花と鉢物の高質保持期間を短くさせます。これは切り花が過剰に 生産 する「エチレン」という老化ホルモンの影響です。エチレン感受性のある切り花はカーネーション、スイートピー、デルフィニウムなど、エチレン感受性のある鉢物はコチョウランとカンパニュラなどです。 鉢物や樹木が乾燥しないように、蕾、花弁、葉は落下します。これはエチレン老化ホルモンの過剰生産の結果です。エチレンガスは切り花、鉢物の老化、野菜と果物の熟成を調節します。従って、エチレンは果物の熟成を促進や、鉢物の開花の目的で、意図的に使用されています。 エチレンの種類 : 内生エチレン 収穫に対する反応として...
どうしたら花蕾の開花不良を防げますか?
栄養は水揚げ、ホルモンの生産、自然な開花の原動力です。栄養がなければ、花は成長することができなく、普段よりも早く枯れてしまいます。栄養不足の表れは: 花蕾の開花不良: 開花の初期段階で花が詰まってしまいます ( アイリス、カスミソウ、 トルコギキョウなど ) ぼやけた色 : 花弁は植物の花弁に比べて色の純度になりません。 花芽の生育不良: 栄養不足の場合、花芽の生育不良が生じます。 この場合、前処理段階で、 クリザールプロフェッショナル2 をお勧めします 。