戻る

クリザールかすみ

かすみ・カスミSC

クリザールかすは、エチレンによるカスミソウの老化を抑制し、一番花、二番花の黒花の発生を抑えます。また、蕾の開花を促進し、花を白く大きく咲かせ、ボリューム感をアップさせます。

効果&メリット

  • 花の老化を抑制します。
  • 黒花の発生を抑えます。

その他

クリザールかすみ

  • 20倍希釈で10時間処理が標準です。
  • 内容量:5ℓ・20ℓ
        200ℓ(受注生産)

クリザールかすみSC

  • カスミソウのにおい成分の発散量を50%カットします。
  • 20倍希釈で10時間処理が標準です。
  • 内容量:20ℓ(受注生産)

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

どうやってエチレンによる落弁を防げますか?
花弁が縮んで、蕾と葉が落下して、切り花と鉢物の高質保持期間を短くさせます。これは切り花が過剰に 生産 する「エチレン」という老化ホルモンの影響です。エチレン感受性のある切り花はカーネーション、スイートピー、デルフィニウムなど、エチレン感受性のある鉢物はコチョウランとカンパニュラなどです。 鉢物や樹木が乾燥しないように、蕾、花弁、葉は落下します。これはエチレン老化ホルモンの過剰生産の結果です。エチレンガスは切り花、鉢物の老化、野菜と果物の熟成を調節します。従って、エチレンは果物の熟成を促進や、鉢物の開花の目的で、意図的に使用されています。 エチレンの種類 : 内生エチレン 収穫に対する反応として...
どうしたら花蕾の開花不良を防げますか?
栄養は水揚げ、ホルモンの生産、自然な開花の原動力です。栄養がなければ、花は成長することができなく、普段よりも早く枯れてしまいます。栄養不足の表れは: 花蕾の開花不良: 開花の初期段階で花が詰まってしまいます ( アイリス、カスミソウ、 トルコギキョウなど ) ぼやけた色 : 花弁は植物の花弁に比べて色の純度になりません。 花芽の生育不良: 栄養不足の場合、花芽の生育不良が生じます。 この場合、前処理段階で、 クリザールプロフェッショナル2 をお勧めします 。
どうしたらバクテリアの影響を受けせず花の日持ちを良くできますか?
バラ、ブバルディア、キク、ガーベラなどの花が導管閉塞を起こりやすく、早いうちから花を萎れさせることがよく知られています。 前処理段階 適切な時期に花を収穫しましょう。 導管の詰まりを取り除くため 茎元から 5 センチ以上の部分を切り落としましょう。 生産者が花を収穫後、すぐ クリザールバラ 、 クリザールCVBN 等の前処理剤で水揚げしましょう。 後処理段階 流通や店頭販売時に、切り花を クリザールプロフェッショナル2 で水揚げしましょう。 ご家庭での管理ポイント クリザールフラワーフード によって、切り花の水揚げをしっかり促進し、栄養補給しましょう。花弁の萎れを抑制しましょう。