戻る

ミラクルミスト

ミラクルミスト

ミラクルミストは、ダリア・湿地性カラー、クルクマ等の球根系切り花の日持ちを長くします。採花後の切り花に浸漬もしくは噴霧処理することで、花弁の変色および萎れを抑制し、切り花の品質を保ちます。ダリアの花弁や湿地性カラー、クルクマ等の苞のしおれを抑制し、切り花の品質を保ち、日持ちを長くします。

効果&メリット

  • ダリア、湿地性カラー、クルクマ等の球根系切り花の日持ちを長くします。
  • 湿地性カラーは浸漬処理も可能です。
  • 花弁の変色および萎れを抑制します。
  • 切り花の品質を保ち、観賞期間を長くします。

その他

  • 使用時期や品種により、効果が異なりますので、倍率などをお試しの上、ご使用ください
  • 内容量:100㎖・500㎖
  • 希釈不要のスプレータイプもございます。
  • ミラクルミストの詳細情報は製品シートをご覧ください。

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

葉焼けの原因は何ですか?そうならない為にできることは何ですか?
葉焼けは細胞の組織が壊れることにより生する複雑な現象です。細胞壁を破裂させる主な原因は、細胞内の浸透圧が過度に高まり、細胞内に過剰に水分が流入することです。葉が最終的に灰色から茶色に変色して、触ったらカリカリとします。花瓶の他の花と枝からの異物も日焼けの原因の一つになります。 葉焼けを避けるために次の状況に気をつけましょう: 長時間の同化照明 (延長日照時間、温室内の人工照明)。例えば、日照時間の短い冬や物日に向けて花を供給する場合。花が気孔を閉める能力を失ってしまいます。花の水分の蒸散が続き、 フラワーフード を入れたら、花が花瓶の水を吸い上げすぎます。しかし、 フラワーフード がないと...
どうしたら葉の黄化が抑制できますか?
葉の黄化 は植物ホルモンが不足していることを表します。このホルモンは花の葉緑素の生合成を制御しています。収穫前には、株が植物ホルモンを補給していました。収穫後は花に、植物ホルモンが自動的に 補給されないため、植物ホルモンが不足します。 葉の黄化とは、葉緑素が減っているということです。葉緑素は、クロロフィルとも言います。 葉の黄化は、エチレンや太陽の光などの様々な要因があります。 葉が黄色に変色しやすい主な花: アルストロメリア エリンジウム ユーフォリビア・フルゲンス ヒマワリ ユリ ストック ソリダスター チューリップ 何ができますか? 生産者、販売店、生花店が...