戻る

留守にするときに、鉢物を世話する方法はあるのでしょうか?

Spathiphyllum

休日は出かけたりてリラックスする楽しい時間ですね。しかし、同時に鉢物世話を十分にできない時間でもあります。家に帰るときは緑色、健康的な鉢物でいて欲しいものです。留守の間も鉢物を上手に管理する方法です:

ご家庭での管理ポイント

  • プラントシッター
    留守中、隣人、親戚、友達に鉢物の水やりを頼むのが最も簡単です。依頼する場合は、わかりやすく依頼しましょう。鉢物が乾燥しないよう、直射日光の当たらない涼しい場所に置いてください。小さい鉢物のみの場合には、隣人、親戚、友人の所に持っていくのも良いでしょう。
  • 給水システムを作りましょう
    給水システムの作成は、少し手を入れる必要がありますが、実はとても効果的です。バケツに水を入れて、バケツの周りに鉢物を置きましょう。木綿糸の一端をポットに入れて、一端をバケツの水に入れましょう。まず、木綿糸を一時間程度水に浸したか確認しましょう。木綿糸がポットから水を吸い上げ、鉢物に水を供給します。小さな鉢物は一本の木綿糸で十分ですが、大きい鉢物は2、3本の木綿糸が必要かもしれません。
  • 野外
    雨などの天然の水を使いましょう。夏に外に置いても問題ない鉢物もあります。しかし、一番暑い時間帯には直射日光の当たる場所に置かないでください。。

生花店の皆様へ

野外が暑い時には、鉢物を健全に保ち、十分な水分補給状態を保つことはご家庭でも店頭でも大きな課題です。次のポイントは店頭での管理に役に立ちます:

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。