戻る

クリザールバケット

バケット

クリザールバケットは、バケット輸送中の、バクテリアの増殖を抑制し、生け水を清潔に保ちます。導管閉塞を防ぎ、輸送中の花の鮮度を保つことができます。切り花全般のバケット輸送に使うことができます。

効果&メリット

  • バクテリアの増殖を抑制します。
  • 切り花全般のバケット輸送に使うことができます。
  • 水揚げを促進します。

その他

  • 500倍に希釈してご使用ください。
  • 内容量:5ℓ・20ℓ

こちらもおすすめ

関連製品

こちらもおすすめ

関連製品

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

管理ポイント

長く花束を楽しめるコツ

よくあるトラブル

need help?

どうしたら花蕾の開花不良を防げますか?
栄養は水揚げ、ホルモンの生産、自然な開花の原動力です。栄養がなければ、花は成長することができなく、普段よりも早く枯れてしまいます。栄養不足の表れは: 花蕾の開花不良: 開花の初期段階で花が詰まってしまいます ( アイリス、カスミソウ、 トルコギキョウなど ) ぼやけた色 : 花弁は植物の花弁に比べて色の純度になりません。 花芽の生育不良: 栄養不足の場合、花芽の生育不良が生じます。 この場合、前処理段階で、 クリザールプロフェッショナル2 をお勧めします 。
どうして茎が変色しますか?そうならない為にできることは何ですか?
茎の変色には様々な原因が関与します。ガラス花瓶だと、茎の変色が少なくても切り花は魅力的ではなく、古く見られてしまいます。茎の変色には様々な原因があります: pH値が低い: 生け水の最適なpHレベルはpH 3.5 ~ 5.5です。軟水の場合、花瓶やバケツだと、 pH値は 4.0を下回ってもいいです。 柔らかい茎の場合、これは変色を引き起こしますが、この変色は細胞の組織に損傷を与えず、花の寿命にも悪影響は出ません。 ガーベラの茎と漂白剤: ガーベラの場合、花瓶やバケツの水に漂白剤がよく入れられています。 漂白剤は花の組織にとって有害で、過剰摂取によって切り口が変色するので、適切な希釈をしましょう...