戻る

切り花に何の水が一番良いでしょうか?

Bloemenbureau Holland

花が最適に発達するためには水が必要です。切り花の成長細胞に水が入り、その水が花に強度を与えます。水はまた、花と葉の自然な発達に必要な栄養分を輸送します。水が足りない場合、茎が弱くなり花と葉も萎れ、日持ちが短くなります。

水道水に標準がありません。国、地域、都市、区でさえも異なる場合があります。様々な水道水は組生、酸性度、有機度および細菌汚染が異なります。しかし、水道水は一般的にpH6~8の中性です。私達の徹底した研究結果から、冷えた水道水を使うことをお勧めします。

クリザールのアドバイス

  • いつも清潔な花瓶を使いましょう。
  • 45度の角度で花の茎元を切り戻して:茎元をまっすぐ切ると茎元が平らすぎて、ダメージが大きくなります。研究によると、茎の50%以上が切られている場合、切り花の日持ちに悪影響があるそうです。水揚げが悪くなり、花と葉が萎れ、切り花が発達できなくなります。
  • 茎元から2-5センチを切り戻しましょう。これは切り花が30分以上水に浸かっていなかった場合に効果があります。茎元から5-10センチ以上の部分を切り戻せば、存在し得る汚染を完全に除去でき、ベストです。
  • 冷たい新鮮な水道水を使いましょう。
  • クリザールフラワーフードをパッケージの裏側に書いてある通りに、水道水に溶かしてお使いください。

詳細情報は?

クリザール・ジャパンまでお問い合わせください。